ツール

  • 【トレミー】人気ブログランキング
  • QLOOKアクセス解析
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキングに協力していただけるとありがたいです

« 秋田市も紅葉の季節に | トップページ | 五能線とあわび、八森へ行く »

2015年10月17日 (土)

南通りから東通へ紅葉の道を歩く

秋田市内の街路樹は

秋が深まるにつれ

日に日に

彩りが濃くなってきたようで

昨日は、そんな紅葉の道を歩いてきました。


Dsc_0073

と・・・その前に

こちらは今日の外旭川市営住宅横の

桜並木



Dsc_0120

桜の紅葉も見ごろを迎えて

秋の日差しを浴び

きらきら輝いてましたよ。



Dsc_0008

こちらは昨日の

南通り五丁目橋交差点です。


横町から撮影しています。

レンズの特性で大きく写っていますが

奥の建物は中通病院



Dsc_0038

せっかく南通りに来たので

鈴為もちやに寄りました。



Dsc_0176

ミルク焼き ¥120 です。


ミルクは一滴も使っていませんが

皮の色が白いのでミルク焼きです。



頑固一徹、

通信販売、出張販売、予約販売一切なし

このお店に来なければ買えないことが

より一層

ミルク焼きの商品価値を高めてるのかもしれません。

そんなわけで

家に帰ってから有難くいただきました(笑)



Dsc_0045

その鈴為もちや近くの交差点です。



Dsc_0047

中通病院前

日差しの関係で

振り返って撮影しています。




Dsc_0063


南通りは

ビルが立ち並んでいることもあって

日差しが陰になってしまい

よい画像を撮影できず歩いて東通へ


ここは

北都銀行明田支店前の交差点近く


銀杏がそろそろと黄色に・・・



Dsc_0073_2

南通りは、けやき並木でしたが

明田地下道を過ぎ

東通に入ると銀杏並木に変わって


ここは

城東消防署前バス停付近


横山金足線との交差点まで延々と

銀杏並木が続きます。



Dsc_0149

東小学校前の銀杏並木

ここの銀杏は見事でした(#^.^#)


歩き疲れて

アルヴェへ向かい帰宅です。




今後の励みにもなりますので

ランキングバナーをクリックをしてくださると

ありがたいです(#^.^#)


人気ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 秋田市も紅葉の季節に | トップページ | 五能線とあわび、八森へ行く »

街歩き」カテゴリの記事

2015年10月の記事」カテゴリの記事

コメント

しむーさん、どうも~外旭川の歩道の紅葉・・・
以前見たのは春爛漫の時でした、草生津川沿いに
自転車で下りました、「あーあれは春だったね」と
拓郎の歌が・・・・
あさって引っ越しで夫婦でテンパッて
います、落ち着いたら又コメント
させて下さい!

オガノブさんへ

季節の移ろいは、なんて早いのでしょうね。
長い冬が終わり
待ち焦がれた春が来たと思っていたのに
もう季節は晩秋です。

あさって引っ越しですか。
落ち着くまではしばらくお忙しいかもしれませんね。
ゆっくり落ち着いてからでも
コメントくださるとうれしいです(#^.^#)

先月、「ミルク焼き」の若旦那が上京して、二人で、人形町のとんかつ屋で痛飲しました。最後は尺八を取り出して、「この音はこうだ」とやったところが、さすがに店の大将に怒られた次第。

こんいちは
しむーさんのカメラワークもあると思いますが
こうして画像を拝見すると、秋田の町並みも
なかなか緑が多いんですね。
我が町内の公園もだいぶ色付きました。
葉が散ると、秋田の早い冬が駆け足で
やってきますね・・・

湊山さんへ

そうでしたか。
鈴為もちやの若旦那さんと呑まれたのですね(#^.^#)
お二人とも尺八では、
違うジャンルに挑戦してらっしゃっいますから
ついつい話は盛り上がってしまうかもしれません。

あとりえ 瑠璃絵 さま

新しい道路ほど街路樹が植えられているようで
それもイチョウやナナカマドといった
紅葉が綺麗な木が多いようですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2039653/62091957

この記事へのトラックバック一覧です: 南通りから東通へ紅葉の道を歩く:

« 秋田市も紅葉の季節に | トップページ | 五能線とあわび、八森へ行く »