ツール

  • 【トレミー】人気ブログランキング
  • QLOOKアクセス解析
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログランキングに協力していただけるとありがたいです

« 二丁目橋から旭川上流沿いを歩く | トップページ | 秋祭りとオールドカーミーティングへ »

2015年9月12日 (土)

秋田駐屯地創立記念行事へ

今日は

将軍野にある陸上自衛隊秋田駐屯地の

創立63周年記念行事に出かけてきました。


Dsc_0411

訓練展示にて

火を噴く FH70 155mmりゅう弾砲

もちろん空砲ですが、ものすごい音でした。





Dsc_0118

観閲式です。


たくさんの招待客や見学者の前を小隊行進。



Dsc_0131

私の亡き父は

山梨の高校を卒業し自衛隊に入隊。

ここ秋田駐屯地が初めての勤務地でした。

今年で63周年を迎える秋田駐屯地の一期なのですよね。



Dsc_0138_2


そんなわけで

隊員の方々の行進する姿を見ると

若き日の父を思ってしまうのです。



Dsc_0203

小隊行進が終わって

バイクを先頭に車両行進へ




Dsc_0209

軽装甲機動車


Dsc_0253

87式偵察警戒車



Dsc_0292

74式戦車


現在の主力、10式戦車の

2世代前の古い型式の戦車です。




Dsc_0303

赤外線暗視装置が付いていますので

74式改と思います。



Dsc_0366

こちらは一番の人気イベント

訓練展示



Dsc_0398

87式偵察警戒車が

ぬかるんだ芝生の土を巻き上げて

豪快に進みます。



Dsc_0483

74式戦車とりゅう弾砲の支援を受けて

隊員が

敵陣地を制圧に向かいます。



Dsc_0514

突撃!!


今日の自衛隊の創立記念行事には

秋田県知事、

それに自民、民主、維新の国会議員の方々が

いらしていて

それぞれに安保法制に対する熱いご意見を

述べられていたのが印象的でした。



Dsc_0073

有事の際には

真っ先に矢面に立たされるのは

自衛隊員ですしね。


私はあえて

安保法制に対する私見を述べるのは

控えますけれど・・・



戦後の日本が

これだけ長い期間平和でいられたのは

世界の国の中でも珍しいということ。

自衛隊が一度も

人に向かって引き金を引いたことがないということ。

これは事実ですし

これからも

そんな平和な国、日本でいられたらなと思うばかりです。

今後の励みにもなりますので

ランキングバナーをクリックをしてくださると

ありがたいです(#^.^#)


人気ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 二丁目橋から旭川上流沿いを歩く | トップページ | 秋祭りとオールドカーミーティングへ »

秋田」カテゴリの記事

2015年9月の記事」カテゴリの記事

コメント

 災害時いつもテレビの画面には自衛隊の方々が黙々と任務されている姿を無意識に見ている自分がいます。

国民の生命と財産を守るという崇高な精神にはただただ頭が下がります。

若い人達が戦争にいきたくないと思う気持ちはわがままでもないし素直な気持ちだと思います。

日本はほんと平和ですよね。

多方面から議論しないと…。

老いたるは皆かしこかりこの国に身を・・・・・すべて若者

与謝野鉄幹 作

含蓄のあることばを見つけました。

長々とこの辺で失礼しま~す。

最初に通った小学校は学区域に自衛隊の官舎(当時の呼び方)が
あり、転入、転出のクラスメートが多かった記憶があります。
その昔、子どもと朝霞の陸上自衛隊広報センターりっくんランドに
行ったことがあります。一般に知られていない面も含めて、正しく
理解しようと努めたつもりです。報道で災害時の対応をみるたびに、
日常の訓練の厳しさを思います。私も政治的な意見はこういった場で
言わないと決めているので控えますが、それがなんであれ、人の心を
動かし、納得させる力のない論はだめでしょうなぁ、とは思っています。

JINAさんへ

最近は、災害派遣等で自衛隊の活動に
注目が集まったり
六魂祭ではブルーインパルスの
展示飛行が秋田の人たちの目を楽しませてくれました。

でも自衛隊本来の目的は
防衛のためですしね。

未来の日本のために、
これからの日本を支える子供たちのために
最善の道を作っていくのが
私たちの責任と思います。

詠み人しらず さんへ

与謝野晶子の「君死にたもふことなかれ」は
有名な反戦歌ですけれど
鉄幹がそんな短歌を詠んでいましたか。

戦争で犠牲になるのは
若者や一般市民、子供たちですね。
シリアやイラクでのニュースを見聞きするたび
胸が痛くなります。

はじめまして。ブログランキングから飛んできて、自らもブログを立ち上げた頃から読ませていただいてました。コメント書きたくなったので寄らせていただきました。

自分自身も自衛隊駐屯地の近くに越してきて10年以上も経つのですが、この自衛隊のイベントに行ったことがありません。1年に1回ぐらい何かやっているのは知っていましたが、大したことはやっていないんだろうなって思ってました。ただ、戦車が動いているのは知りませんでしたし、1枚目の写真からは空砲とはいえ、あれだけの爆炎をあげるりゅう弾砲の実演も行っていることも知りませんでした。このブログを見て来年以降で時間が合いそうな時には足を運んでみたいと思いました。

しむーさん、どうも~何か久しぶりの秋田駐屯地の
お話で懐かしい?自分たちはズバリ「自衛隊」で話が
通じていましたね~地元では。
直ぐ近くが自衛隊道路で自衛隊前踏切
もあるのに中にお邪魔したのは全く無しでしむーさんの
記事で楽しんでいます。
遅くなりすいませんが「スナック由深」の件は
改めて・・・
先週土曜日に入居契約しました、来月20日に
引っ越しです、恐怖の引っ越し準備!!

ばなながっこさんへ

はじめあして!!
いつも読んでいただきありがとう(#^.^#)

戦車やりゅう弾砲は
バンバン撃ってましたよ。
きっとその迫力には驚かされると思います。

秋田の自衛隊の実力がわかるイベント・・・
{実は秋田駐屯地には旧式の戦車が一両しかありません}
ですので
機会があれば行かれることをお勧めします。

これからもどうぞよろしくお願いします。

オガノブさんへ

ご自宅が自衛隊通りですものね。
あまりに近すぎて行かないってありますよねえ。

これからお引越し・・・
ご家庭を構えるとお荷物も
相当量になるでしょうし
ご苦労様です。

しむーさん、 こんにちは、田舎の親父です。
若い頃に、当時最高感度の製品の試作を依頼されて、
富良野基地だったと思いますが、納めました。
もう全身全霊の力を集結して、仕上がりも早かったです。

今となっては、懐かしい、しっかり記憶に残る思い出です。
こういうことが、他の部署向けにもありました。
体中の血が、駆け巡る若い頃に集中した仕事でした。

田舎の親父さんへ

やはり民生用とは違い
精度の高いものを要望されたのでしょうね。

己が必要とされる仕事はやりがいがあるでしょうし
それをやりきった達成感はまた格別なことだったと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2039653/61581558

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田駐屯地創立記念行事へ:

« 二丁目橋から旭川上流沿いを歩く | トップページ | 秋祭りとオールドカーミーティングへ »