ツール

  • 【トレミー】人気ブログランキング
  • QLOOKアクセス解析
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキングに協力していただけるとありがたいです

« 道の駅にしめのひまわり畑へ | トップページ | 旭南、馬口労町の草市へ »

2015年8月11日 (火)

雄物川の花火へ

昨日は

秋田市夏まつり雄物川花火大会に

出かけてきました。


Dsc_0198

今年で28回目を迎える花火大会ですが

実は私、

こちらに伺うのは初めてのこと。



Dsc_0067


私は

持病もあって

夜目があまり利きませんし

秋田大橋周辺が会場とあって

人出が多いよなあと

ずっと

ためらうばかり・・・



Dsc_0251


そんな私も

毎年、男鹿日本海花火にひとりで出かけるうち

人ごみにもまれ

鍛えられてきたようで



Dsc_0018

昨日ついに

相棒のカメラと三脚を抱えて

行ってきました。



Dsc_0208

新屋側の会場に着いたら

人が少なく

川面に映る花火もバッチリ(#^.^#)

そんな撮影ポイントに余裕で座ることができました。



Dsc_0276


行く前の不安は

杞憂に終わって

何事も

ためらう前にまず行動ですね。


この3年の人生経験で学んだことです。



Dsc_0056


思い立ったが吉日、

あのときこうしておけばよかったと

後々、後悔しないための最善の方法かなあと

思うのです。

Dsc_0078

正直

もう

あのような辛い悲しい思いを

取り返しのつかない後悔を

したくないのですよね。



Dsc_0146


そんな思いは、

今の私を

いろいろな場所へと駆り立てる

パワーになっているのかもしれません。



Dsc_0098

夏の夜空を焦がすように

光り輝いては

消えていく色とりどりの花火は



Dsc_0063

はかなく散りゆく桜の花にも似て

だからこそ

人の心を打つのかもしれません。



今後の励みにもなりますので

ランキングバナーをクリックをしてくださると

ありがたいです(#^.^#)


人気ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



« 道の駅にしめのひまわり畑へ | トップページ | 旭南、馬口労町の草市へ »

秋田」カテゴリの記事

2015年8月の記事」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ
画像綺麗です、一枚目が一番かな
それにしても28年もなりますか、早いですね
現役の頃は会社の屋上から綺麗に見る事が
出来ました(ちょっと遠いけど)
毎日暑くて大変ですが
花火、盆踊り、虫の音、短い秋田の夏はゆっくり
過ぎていきますね。

初めてコメントします。花火の画像すごくきれいですね。今年は仕事で見れなかったので、ここで見る事ができました。ありがとうございます

あとりえ 瑠璃絵 さま

私が小学生のころ・・・
今から45年ほど前ですが
そのころは
送り盆の行事の一つとして
花火が上げられていたと思います。
新川橋から見ていましたよ。

ほんと秋田の夏は短いですね。

ひぽみんさんへ

いつもツイッターではお世話になって・・・
ありがとうございます(#^.^#)
媚を振らない猫が大好きなんですよね。
ペットロスで飼えなくなりましたが・・・

平日月曜日でしたものね。
お仕事ご苦労様です。

私も新屋側の土手の上に陣取り撮っていました 露出の設定を間違えてあまり良い絵が撮れませんでした
花火は難しい なかなか上達しません 

ヒカルさんへ

新屋側の堤防にいらっしゃいましたか(#^.^#)
花火の撮影は
設定が難しいですね。
私はここが初めてでしたので
とりあえず
バルブ、F22,ISO100,,ホワイトバランス-1.0
で撮影しました。
F11くらいが良いのでしょうけど
露出オーバーになると後から補正もできませんしね。
あとはレリースをタイミングよく使って
運任せです(笑)

これからもどうぞよろしく(^O^)/

しむーさんの後を追いかけているようですね 笑い!
近い将来どこかでバッタリと… その節はよろしく

ヒカルさんへ
いつかお会いできるかもしれませんね(#^.^#)

綺麗な花火の写真ありがとうございます。
両親が生きていた頃は
毎年、私の三人の子ども達と見てました。

夏の一番素敵な思い出です。

kurobeno0108さんへ

そうでしたか。
昔はご家族皆さんで
この花火を見ていらしたのですね。

花火は一瞬で消えてしまいますが
まぶたの裏に刻まれた思い出の中では
ご両親の面影とともに
これからも輝き続けるのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2039653/61128835

この記事へのトラックバック一覧です: 雄物川の花火へ:

« 道の駅にしめのひまわり畑へ | トップページ | 旭南、馬口労町の草市へ »