ツール

  • 【トレミー】人気ブログランキング
  • QLOOKアクセス解析
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキングに協力していただけるとありがたいです

« 駅前から手形山を歩く | トップページ | 茅の輪くぐりへ »

2015年6月27日 (土)

秋田港、黄昏を歩く

秋田は、

久しぶりの雨となって

梅雨入り



Dsc_0008

そんなわけで

今日の街歩きはお休みです。


一昨日の夕方

秋田港をちょっとだけ歩いてきたので

その画像を・・・



Dsc_0028

梅雨入り前の

夕陽を見たくて

秋田港へ来たのです。



Dsc_0053

平日の夕方でしたが

セリオン前の岸壁には

釣り糸を垂れる人の姿がたくさんありました。



Dsc_0044

巡視船しんざん



Dsc_0092

今の時期

秋田港から見る夕陽は

男鹿半島へと沈んでいきます。


そういえば昔、

男鹿半島にあった桜島荘から見た

夕陽がとっても綺麗で

大浴場全体が真っ赤に染まったのを覚えています。


もう

少しずつ遠い思い出と成りつつありますが

私にとっては

大切な大切な宝物です。


しあわせとは

時が過ぎ去ってから

気付くものですね。



Dsc_0121


会いたいなあ

会いたいなあと思いつつ歩いて

黄昏の道



Dsc_0123

セリオン前の広場で

湊囃子の練習をしていましたよ。


港まつりまでもう一か月ありませんものね。



下のランキングバナーを二つ

クリックしていただけるとありがたいです(#^.^#)


人気ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


« 駅前から手形山を歩く | トップページ | 茅の輪くぐりへ »

秋田」カテゴリの記事

2015年6月の記事」カテゴリの記事

コメント

しむーさん今晩は。夕日が海に沈む景色は日本海もインド洋も同じく美しいです。今 司馬遼太郎の '菜の花の沖’ を読んでいて 淡路生まれの主人公が(18世紀頃の話)始めて造船したのがなんと我が故郷 秋田港,土崎湊でしかも秋田杉を使ったと。”秋田への目印は男鹿島ぞ” と書いてあります。沖から見ると一線の低地で見定めるのが大変,こんな高い建物が無かった時代のお話です。

African Violetさんへ

へぇ~~!!
そうでしたか!!
司馬遼太郎がそんな小説を・・・
おそらく歴史的事実なのでしょうねえ。
妄想癖のある私ですから
今度秋田港に行ったらまた思いをはせてしまいそうです(笑

秋田も梅雨入りして
もうすぐ土崎のまつりです。

「しあわせって 時が過ぎてから 気づく」
んー難しい言葉ですね。
次の文章が出てきません。

あたりまえのように日常の暮らしがあって
それが幸せとも不幸とも自覚していなくて
そこそこ悩みは不安はあったりするけれど
それを和らげてくれる家族や友だちがいて
そんなときが「幸せ」だったのだろうなと
私も思うことがあります。
そのときに幸せに気づけたらいいのですが、
気づけずにいたのが残念です。
たしかに後から効いてきますね……。

あとりえ 瑠璃絵 さま

欲望を満足させたとき
人は幸せと感じますけど・・・
人の欲には限りが無くて
欲を成就するとまた新しい幸せを求めます。


でも
実は当たり前のことが幸せなんですよね。

JINAさんへ

私は愚かだから

失って気づきました。
あの時が幸せだったって・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2039653/60535594

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田港、黄昏を歩く:

« 駅前から手形山を歩く | トップページ | 茅の輪くぐりへ »