ツール

  • 【トレミー】人気ブログランキング
  • QLOOKアクセス解析
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログランキングに協力していただけるとありがたいです

« 生まれ故郷への旅1、河口湖へ | トップページ | 生まれ故郷への旅2、石和温泉 »

2015年5月26日 (火)

初夏の秋田港を歩く

雲一つない快晴だった23日土曜日、

ダイヤモンド・プリンセスが入港した

秋田港に出かけてきました。


Dsc_0026

午後6時

傾いた初夏の日差しを浴びながら

ダイヤモンド・プリンセスが

中島埠頭を離岸していきます。



Dsc_0021

それにしても、でかい!!



ビルにして15階建て程の高さは

あるでしょうか。



Dsc_0031

接岸離岸の際に使われる横推進のスクリュー

サイドスラスターを使って

岸壁を離れていきます。


ダイヤモンド・プリンセスには

船首と船尾に各三基ずつ付いていましたよ。



Dsc_0041

あまりに船体が大きく

岸壁からかなり離れてやっと

カメラのフレームに収まりました。




Dsc_0079

左舷後方に

船の道案内役

パイロットボートを従えての出港です。




Dsc_0150

こんな豪華な客船で

ゆっくりと船の旅

いつか誰かとしたいな。。。



Dsc_0240

夕日が沈みゆく

秋田港をぶらぶら



ちょうどこのあたりで

かわいい小さな手を握りながら

この真っ赤な夕日を見たのは

もう6年も前のこと。



Dsc_0444

私は

夕日が沈んでから30分後の黄昏が

一番好きなんですよね。



Dsc_0453

日曜日の午後

釣りをする人で賑わった岸壁も

ひとり

またひとりと

釣竿を納めて帰って行きます。




Dsc_0459

空は

オレンジ色から水色



Dsc_0484

そして

藍色へと変わり


私は

家路を急ぎます。




ランキング応援してくださると

とっても

うれしいです(#^.^#)


人気ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



« 生まれ故郷への旅1、河口湖へ | トップページ | 生まれ故郷への旅2、石和温泉 »

秋田」カテゴリの記事

2015年5月の記事」カテゴリの記事

コメント

今日のブログ、海、なにもきかないで、
なんにも言えない
素敵でした。

あとりえ 瑠璃絵 さま

ユーミンの曲は
すぐに削除されちゃうでしょうけど(^_^;)

ひとり黄昏を歩くには
ぴったりの曲かも・・・

うーん、涙
私も言葉がありません

なんて素敵な夕日なんでしょう(^^)/~~~

湊山さんへ

青春のほろ苦い思い出の港ですね。

ひとそれぞれに
色々な思いを胸に夕日を見てるのかも・・・

いずみさんへ

港に沈む夕日って
寂しげでもあり
また
ロマンチックでもありますね。

だからかなあ。人恋しくなるのは・・・

久しぶりにコメントさせていただきます。
いつも見させて頂いております。

およそ30年ぶりに秋田に帰ってきて
しむーさんと同じ景色を見る機会が
多くなってきましたが、なかなか
お会いしませんね(笑)

私も同じく『黄昏時』が大好きです♪
でも、最近は…
不規則な勤務のせいで
日の出前の時間も、『黄昏時』と
同じとは言いませんが
キレイな景色を眺めることができます☆
写真などでは、なかなか表現することの
できないキレイなひと時を
誰かに見せたいと思いながら…
贅沢な時間を独占しています(^-^)/

KOH1さんへ

秋田は狭いですしね。
私は年中歩いてますから
きっと
どこかですれ違ってると思いますよ。
カメラを持ちながら歩いてる
人相が悪いおじさんがいたら
それは案外、私かも(#^.^#)

そうですよねえ。
黄昏と違って朝焼けは
なかなか見る機会はないですねえ。
寝つきの悪い夜に
明るくなってから
やっと眠りについたりしてますから(^_^;)

そのうち
仙台行きのバスのお世話になるかもしれません。
そのときは
よろしくお願いします(#^.^#)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2039653/60130437

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の秋田港を歩く:

« 生まれ故郷への旅1、河口湖へ | トップページ | 生まれ故郷への旅2、石和温泉 »