ツール

  • 【トレミー】人気ブログランキング
  • QLOOKアクセス解析
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキングに協力していただけるとありがたいです

« 生きてるって | トップページ | 黄昏の秋田港と花々と »

2015年4月22日 (水)

かたくり群生の郷へ

今日は清々しい青空が広がって

仙北市西木にある

かたくり群生の郷へ出かけてきましたよ。


Dsc_0203


秋田駅東口から

桜まつり期間中、毎日運行されている

角館行きバスに乗って

一時間ほどで角館駅に到着。


樺細工伝承館前のバス停で降りられるので

新幹線で行くより便利かも・・・


料金も1200円と格安です(#^.^#)



Dsc_0011

角館駅から今度は

秋田内陸線に乗り換えて

カタクリ群生地のある八津駅を目指します。



Dsc_0024

列車が駅を出てすぐに

保育園の子供たちが

手を振って見送ってくれましたよ(#^.^#)



Dsc_0030

八津駅に到着した

一両編成の臨時列車カタクリ号です。



Dsc_0083

駅から私の足で15分ほど歩いて

現在、花が見ごろの

鎌足コースにある茂左ヱ門群生地に到着。



Dsc_0177

って

途中から結構な山道で

かなり足にきちゃいました(^_^;)




Dsc_0116


でも

目の前に紫色のじゅうたんが広がるのを見ると

来てよかったなと(#^.^#)



Dsc_0058

長い年月をかけて

小さなアリたちがカタクリの種を運び

日本一と言われる

広大なカタクリ群生地を作ったなんて

想像するだけで

地球の・・・

自然の営みってすごいなって思います。






いつもランキング応援してくださっている方へ

ありがとう(#^.^#)


人気ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



« 生きてるって | トップページ | 黄昏の秋田港と花々と »

秋田」カテゴリの記事

2015年4月の記事」カテゴリの記事

コメント

バレエを少しだけ習ったことがあります。
カタクリはお辞儀(レベランス)しているみたい。
群生していてきれいですね〜。
青いお帽子の保育園児のみなさん、かわいいですね。
『ぐりとぐらのえんそく』を思い出しました。

JINAさんへ

バレエもやられていたんですか!
確かに
お辞儀してますね(#^.^#)
ちょっと、うつむき加減のはにかみ屋さんにも・・・

ぐりとぐらを知りませんでしたので
調べましたが
絵本なのですね^^
赤と青の帽子をかぶって・・・かわいい(#^.^#)

しむーさん、こんばんは♪

カタクリだ~~!
今年は見れなくてとっても残念でしたのに
こちらで、見れました(T_T) ありがとう!
とっても元気に咲いていますね。
まだ、見ごろ?
行ってみたいな。

ショッキング・ブルー、懐かしいです。
聴きながら書いてるよ^^


とわさんへ

ここは30か所の群生地があって
手前から順に咲いていくので
長い期間かたくりの花を楽しめるんですよね。
よろしかったら、おいでください。
って
とっても忙しそうですもんね。
仕事をしてると無理をしがちだし体に気を付けて・・・

しむーさん、どうも~草花には疎い自分ですがカタクリの花の
じゅうたん素晴らしい!
何か癒やされますね・・・
園児たちのお見送りも良かったですね。バスと電車での旅で
したか~お疲れ様でした!

なんと、同じ日にカタクリ見てた事になります。
すれちがって、いたかも。
でも写真がお上手ですね、私のブログとは大違いです。

オガノブさんへ

カタクリは先日、おひたしで食べたばかりだったんですけど
今度はその花を楽しんできました。
バスと電車ですが
乗り換えがうまくいって
待ち時間はほとんどなく行けましたし
のんびりと楽しかったですよ。

また来年も行けたらいいなと(#^.^#)

あとりえ 瑠璃絵 さま

偶然ですねえ(#^.^#)
私は11時から12時ころにカタクリを見てました。

昨年と同じ群生地でしたし
どこから撮影すればよいか、
わかってましたし
あとはシャッターを押すだけ・・・
カメラのおかげです(#^.^#)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2039653/59738033

この記事へのトラックバック一覧です: かたくり群生の郷へ:

« 生きてるって | トップページ | 黄昏の秋田港と花々と »