ツール

  • 【トレミー】人気ブログランキング
  • QLOOKアクセス解析
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログランキングに協力していただけるとありがたいです

« ロウバイが咲く鱗勝院から鉄砲町を通って泉ハミングロードまで歩く | トップページ | 自分のこと、思うこと »

2015年2月21日 (土)

高清水、酒蔵開放へ・・・そして歩く

秋田では清酒 高清水でお馴染みの

日本酒メーカー

秋田酒類製造の酒蔵開放に出かけてきましたよ。



Dsc_0096

昔々の川尻小学校の校門が今も残る

西側入り口。



Dsc_0024

受付を済ませ

樽酒をいただいてから

酒蔵の中へ



Dsc_0023

泡が沸々と湧いて

日本酒の熟成が進んでいく様子が見えましたよ。



Dsc_0011

ひととおり製造工程を見学してから

試飲・・・

というか

本気飲みです(笑


今年の甘酒は

アルコールが入っていないものと

あるものの二種類があって・・・


いつも思うのですけど

ほんと、ここの甘酒は、おいちい(#^.^#)


毎回、お土産に酒粕をいただくので

自宅で甘酒を作るんですけどね。

なかなか

おいしく作れないでいます(^_^;)


市販されない

しぼりたての原酒もあって

これが一番おいしかったかも・・・



Dsc_0031

いろいろなお酒の試飲ができる

仙人蔵へ



Dsc_0050

仙人蔵の中です。


かなりご機嫌になっている方も

ちらほらと・・・



Dsc_0039

女性用のお酒、デザート純吟や

キイチゴのお酒、サワースウィートリップス、

日本酒仕込みの梅酒などは

今回初めて飲みましたけれど

お酒が苦手な方にも良さそうでしたよ。



Dsc_0048

一般販売されていない

純米酒 地蔵田


私は、

辛口より旨口のお酒が好きなので

こちらを毎度、買って帰るのですけれど・・・


これから

お墓参りに寺町まで歩くこともあって

やめました。

重いですし

一升瓶は割れたら面倒ですもんね。




Dsc_0066

試飲を終えて外に出ると

ここの酒蔵開放ではお馴染みになった

ダースコちんどん隊のみなさんが、

いらっしゃいましたよ(#^.^#)



Dsc_0100

ほろ酔い気分で歩く帰り道。


ここは、川尻十字路です。


右は、新国道、旭南へ

左は、刑務所、割山へ



Dsc_0104

私が小学生のころは

十字路にある酒屋さん右に

川尻郵便局がありました。




Dsc_0108

十字路をまっすぐ山王方向へ歩いて

左の道の奥には

総社神社が・・・



Dsc_0110

正面には、市立総合病院


まっすぐ行くと秋田県庁、市役所へ

新屋西線のバス通り


手前右には昔、

駄菓子屋さんがあって・・・


銀玉鉄砲や2B弾などは、ここで買ってましたよ。

そうそう

当時、出始めだったスーパーボールや

アメリカンクラッカーもここで買った記憶があります。



Dsc_0113

私は右に曲がって

川尻割山線のバス通りの坂を下ります。


川尻は台地上にあって

坂に囲まれている地形なのですよね。



Dsc_0115

坂道を下り終えて左に曲がり


左は

市立病院の駐車場

昔はテニスコートと駐輪場・・・

江戸時代は薬草園だったそうです。


大きな松は

きっとそのころから残るものと思います。



Dsc_0119

現在の市立総合病院


私が中学生のころ

手前左には

パン屋さんがあって

学校帰りに寄っては

お店の中にあった椅子に座って

お店のおかあさんと世間話をしながら

パンを食べてましたね。


右は酒屋さんだったと思います。



005423

ちょうどその当時の写真と思います。


現在と違って西口は無くて

駐車場は右に

左は自転車の駐輪場でした。



Dsc_0123

市立病院バス停そば


小学生のころ

左に経済連のスーパーがあったように思います。


右には本屋さんがあって

よく立読みを・・・



Dsc_0125

昔、

お寿司の自販機があったお寿司屋さん



Dsc_0127

川元開和町バス停そば


奥は新国道との交差点、寺町へ



Dsc_0130

左に曲がって

ここは

川元山下町と思うのですけど・・・


なぜか川尻山ノ下街区公園



Dsc_0133

新国道に出て

ドンキホーテの交差点


左のパチンコ屋さんは昔、

お菓子の金萬系列の山王ガーデンで

よく行ってましたよ。

ハネものや電動パチンコを初めて打ったのは

このお店でした。



ブログランキングが下がってきておりますので

左サイドバーあるいは下にある

ランキングをクリックしてくださるとうれしいです^^


よろしければ

私のツイッターをフォローしてくださいね。
https://twitter.com/44982441shimu

ブログより画像は早くアップしています。

たまに愚痴りますがご容赦を(^_^;)


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« ロウバイが咲く鱗勝院から鉄砲町を通って泉ハミングロードまで歩く | トップページ | 自分のこと、思うこと »

街歩き」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^ ^酒蔵開放楽しいですよね。
今年はスケジュールの都合でいけなく残念。
酒粕焼いてハチミツとお醤油を混ぜたものでいただくのが好きです(^-^)甘酒も好きで作りますが私も高清水さんの甘酒のように美味しく作れないんですよねー(⌒-⌒; )


秋田スギ子さんへ

お酒好きにはたまらないイベントかも^^

例年、犬っこやかまくらと日にちが重なることが多くて
しばらく行けませんでしたが
今年は一週間ずれましたからね。
穏やかなお天気もあって
人がとても多かったですよ。

甘酒は、レシピをもらってきて
作ってるのですが(^_^;)
美味しいのは
その場の雰囲気もあるのかもしれません。

地元にいたら行きたいなぁ。
秋田のお酒のイベントは、東京でもありますが、
一般人の参加が厳しいお値段です

JINAさんへ

会場費や人件費がかかるでしょうからね。
こちらでも秋に
醸し祭りという日本酒のイベントがありますが
1500円くらいだったと思います。

でもやはり
無料の酒蔵開放が一番楽しいかな^^
ワンカップと酒粕1kgのお土産もらえますし(#^.^#)

しむーさん、寒いのと歩くことは貴方にはあまり良くない
のでは?と心配しています。
今冬の秋田市は雪は少なく、いつもの冬よりは暖かそう
ですが、あまり長距離を歩かない方が良いのでは?

そう言う私は、10年前に痛風が酷いときには両足を攻撃
してきましたから、それから10年間は完全に断酒して、
酸性だった体質を中性へ必死に移行させ、まだせっせと
レモンやホウレン草を毎朝食べています。

こちらでかかっていた医師は私よりも若い方でしたが、
痛風もリューマチも診る大変優れものの先生でした。
幸い私の痛風は3年で完全に離脱できたものの断酒を
続け、去年の夏からワインを少し飲み始めています。

酒は薬を阻害しますから、要注意ですが痛風の薬は
使っていなくてレモンや野菜で調整して、リトマス試験紙
やPHメーターで計っていました。
しかし去年その医師は惜しまれて引退してしまいました。

こちらは10年ぶりの大雪で、優れものの屋根の雪降ろし
専用の道具を4年前に作り、その恩恵に浴しています。
最近、毎日作業できる超軽量型に改善しました。
  どうぞお大事に、田舎の親父

田舎の親父さんへ

そうでしたか。通風を・・・
実は私もその前段階でして
薬を服用して平常値を維持しています。

今の私の楽しみと言えば
酒くらいで・・・

慢性膵炎もありますから
本当はいけないのですけどね。

ここから先は
田舎の親父さんと二人だけの話です。

私には守るべきものがありませんし
将来のことは考えても私にはまるで見えないのです。
今を生きることで精いっぱいなんですよね。

ご心配いただいてありがとう(#^.^#)

しむーさん、 お久しぶりです。
貴方の独白的メイルを読んだので、1筆書いた次第です。
今から丁度2年半前に、北の丘を開拓して、大きな石を
沢山運び出して、山芋畑をにわかに作りました。
それで歳に逆らって働いたばちに当り、早朝に尿が止まり
出なくなって救急へ飛び込みました。
それで細いパイプを入れて貰って5日間、何とも言えない
苦痛に一人苦しみ、その甲斐あって現在まで快調です。
そして、こちらではフコイダンという流行の寵児に出会い、
緑茶に超減塩のワカメを混ぜてコーヒーの豆轢きで抹茶
を作って飲んでいます。
ワカメ等昆布類のヌルヌル成分がフコイダンと呼ばれて
いるようで、毎日飲んでいるから皮膚はツルツル、内臓も
恐らくツルツルになって、関節はどうかな?
これから調べるところです。
こちらも日は高くなり、明るくなってきました。
それではこれで、寝る時間になりました。田舎の親父

田舎の親父さんへ

へx-!
山芋畑ですか。
そちらにも山芋があるのですね。
尿道カテーテルを入れたのですかあ(^_^;)
でも今は、よくなってよかったですね。

私も以前は
乳がんい効くとの触れ込みもあって
きのこ由来のAHCCやアガリクス、
サメの軟骨などを購入していましたよ。
もう治療法が限られた人間にとっては
唯一の希望ともいえるものですけれど
藁にもすがりたい人間の気持ちをあざ笑うかのような
異常とも思える高価な値段には、
辟易としていました。
でもなにかしら治療と呼べるものをしていないと
それは死というものを
認めてしまうことにもなってしまいますからね。

そんな高価なサプリでも
私を思ってくれた人には
無理をしてでも飲ませられますけれど

私には必要ないのです。

もう私はいいのです。
主治医にも話してあります。
たとえ定期検査でガンが見つかっても
治療をしませんと・・・

心配くださってありがとう。

しむーさん、成る程、私とて似たような状況にあったのです。
それは去年の5月中旬、膀胱から尿道に表面が荒れていて、
排尿が、がさつな感覚でした、多分その辺りの皮膚が荒れて
いたのか、ガンがあったのか?

それで、皮膚の表面をすべすべにする海草を昔、NHKの
TVで見ていて、昆布屋のお爺さんのツヤツヤした血色の
良いお顔を見て、脳裏に焼き付けて覚えていました。

そして、海草を細かく粉末にしたカプセルをこちらで安く
フコイダンと言って売っていたので、0.5gのそのカプセル
を1日8錠~10錠くらい飲み、4ヶ月後にはその悪い感覚を
ほぼ完全に消し去りました、そしてPSAの検査値も半分に
下げて老人の標準値以下に下げました。
それでもまだ1日3錠はカプセルを飲み続けています。
秋田県は良いワカメの産地と聞いています。

もう長くなってしまったので、山芋は明日にでもここで
書きましょう。  それではまた、田舎の親父

しむーさん、

山芋には懐かしい思い出と悲しい思い出が秘められています。
私のところから数百キロ南の州に住んでいた、親しかった同僚が
’95年頃に取れた山芋6~7個とムカゴを20個程送ってくれた。
裏庭の周辺にムカゴを蒔いて長い間忘れていた。

2004年に私は定年で彼より先に社を離れたが、その10月に
彼は日本へ3度も出掛けた、その3度目は父親の葬儀だった。
戻って来た彼は疲れ切っていた筈です、残念なことに脳内出血
で逝去してしまった。 私も彼の悲報て大変落ち込んでしまった。

彼との思い出をめぐらす日々の中、形見のムカゴを思い出した。
撒いた裏庭のを見ると、何と数本のつるが元気に成長していて、
次のムカゴを沢山付けていた。
それから丘の上を綺麗に整備し、畑にもムカゴを植えて、去年も
バケツに7分目も取れましたが芋は彼の所よりも北で気温も低い
ので山芋は成長が遅く、5~6年かけて何とか食べれます。
しかし北海道に有名な山芋の産地があるのは、何故でしょう?

しかし、それ以来、ムカゴは食べやすく、美味しくいただいている。
彼も重要な地位で大変忙しかったが音楽が好きで、娘さん達に
素晴らしいピアノを買い与え、私も彼を訪問したときに弾いて
その素晴らしい音色に満足して帰ってきたものです。

残念です、彼は健康に十分注意すべきだったのです。
それとも、お父上が彼を呼んだのか?
彼の冥福をお祈りしました。  田舎の親父

田舎の親父さんへ

山芋とムカゴにはそんな思い出があったのですか。
とろろ汁やムカゴは
亡きお友達と故郷日本の味ですものね。

フコイダンは
こちらではかなり高価なサプリメントとして販売されています。
おそらく、その価格の9割は
利益になっていると思います。

しむーさん、
彼の住んでいたNJ州には日本人が沢山生活していますから
大きな日本のスーパーマーケットで山芋を売っています。
彼は、それを小さく切って植えて、最初のつるを育てのでしょう。

そうです、フコイダンは色々あり、モズクなどが成分が多い
ようですが、私は豊橋産のワカメが塩分がほぼゼロで血圧に
優しいので、それと緑茶を1:1くらいの比で混ぜて、コーヒー
豆ひきで粉末にして、食後のお茶にして飲んでいます。

ワカメのフコイダンはモズクなどの30%くらいしかない。
塩分ゼロのワカメを3倍飲めばモズク並みの効果が出る?
まあ無理をせずに使ってみて4ヶ月で何か効果があるか?
と半信半疑で試し、尿道や前立腺を改善してくれた。

秋田の綺麗な海のワカメはきっと貴方の体全体を昆布屋の
お爺さんのようにツヤツヤにして皺の少ない顔にしてくれて、
関節や内臓にもそのような効果が期待できるだろう、と私は
思っている。 血液検査値に効果が出れば良いのだが。

人の魂は頭の中心に存在し、その重さは赤子の7gくらい
から大人の21gくらいと100年も昔にフランス人の医師が
100人もの人の体重を量って調べた、霊能者だったキボ
アイコさんは亡くなった人の肩の辺りから魂が出て行く、
と言っていたのを覚えている。

私は、そうやって衣を捨てて行くことに何の蟠りも無い。
そして、4次元か5次元なりの世界、食事の必要も無く、
病もなく睡眠の必要もない不思議な世界へ向かう。
そこで私は次に何をしてやろうか?と空想している。
勿論、彼にその世界で再会したいものです。 

貴方は、これをどう考えるや?  田舎の親父

田舎の親父さんへ

日本のスーパーがあると便利ですね。


なるほどフコイダンは
市販の錠剤ではなく

乾燥したわかめをご自分で粉末にされて
それを飲んでいらっしゃるのですね。
私は、元来の海藻好きですから
ワカメに限らず
普段からいろいろなものを食べていますよ。
今の時期なら
メカブやギバサ、夏にはクロモ
それに秋田では納豆昆布というものがあって
これをみそ汁に入れると粘る粘る(笑
この粘り成分がフコイダンと思います。


死後はどうなるのでしょうね。
私が通っていたキリスト教の教会では
神様を信じない人は地獄へ行くと
牧師が言っていましたけれど・・・

そうなると
ほとんどの日本人は地獄に行くことになりますしね。
私のせいで亡くなった人が地獄に行ったのに
洗礼を受けた私だけ
その人と離れて天国に行くことはできませんもの(^_^;)

今はいろいろあって
その教会とは縁を切りましたけれど

真実がわかるのは死んでからでしょうか。

しむーさん、

貴方も私も、これが最初の人生では無いようです。
過去何回この世に登場したか、覚えていますか?
中にはそれを覚えている記憶の良い人々が存在するらしい。
生まれたばかりの赤子へ亡くなった体から離れた魂が素早く
潜入する、また天国や地獄へ行く魂もあることでしょう。

残念ながら私の魂はその過去の記憶が全く無い。
それでは、と私が貴方へ紹介できることは次の1つ。
マシュー・ワード(Matthew Ward)という17歳で1980年に
亡くなって天国で働いているらしいが、現在ならば52歳
くらいだが、毎月1通程度の連絡を彼のお母さんの
Computerへメッセージを送信しているようです。

それをお母さんのスーザン・ワード(Suzanne Ward)がかなり昔から
森田玄さんに依頼して、彼がその英文を日本語に訳してInternetで
無料公開しているから、彼らの名前でサーチすれば有名ですから
容易に分かり、天国にいると思われるマシュー君の色々な意見や
話などが読めます。 貴方は大体こういうこと自体が信じられる?

色々なことを彼の言葉で言っているから、勿論興味のないことも多く、
かなり忍耐を必要とするでしょうが、その中に我々に教えてくれること
も多いし色々世界のことも書いているのです。
そしてこの世は一体どうなっているのか段々と理解できるだろうと
私も時間を見つけて根気良く追求しているところです。

そうです、この世は色々とかなり忍耐を必要とし、簡単なものでは
ないという裏返しが彼のメッセージでもある。
多くの読者が世界中の各国に存在していて各国語で読まれている
のです。
これが貴方が探しているものであると良いのだが、私はこれ以上の
材料は知らない。
これは本にもなっていますからそれを読む手もある。
   それではまず試めされたい、 田舎の親父
   

しむーさん、

フコイダンと言って売っている商品には、瓶詰めの液体のもの、
粉末にしたものも低分子と言って非常に細かい粉末のものと、
高分子と言ってまあそれほど細かい粉末ではないが私が
コ-ヒーの豆を轢く程度の一応粉末状のもの、などがあるようだ。

コーヒー豆轢きで2分も轢けば全てが相当細かくなり、それをせず
ただワカメを煮て噛んで食べる状態と体内での消化の状況が
非常に異なる、と思う。
細かいほど中の成分の消化しての効果もかなりの差があるかも
知れない、そういうことです。 田舎の親父

田舎の親父さんへ

仏教の教えでは
輪廻転生というものがありますが・・・

生まれ変わっても
この世で会えなくなった人に
また会って謝りたいと強く願うだけで、
もうそれ以上の望みはありません。

この世において
私は生への執着や欲を
無くしてしまいましたしね。

今の病気の体を受け入れていますし
これ以上健康になろうとも思っていません。
なるがままの人生でいいのです。
たとえ知らぬ土地で行き倒れになろうとも
一人、部屋で孤独死でも
それはそれでいいのです。

しむーさん、こちらは今、夜の10時20分を過ぎたところ。
また今夜も-5度の中、雪が降り始めた。
予報では、10cmくらい積もるようで、この頃大屋根の倉庫や体育館などが押し潰される
被害が出て来ている、もう耐え切れない、、、そういう状況でしょう。

昔は、こんなときは電気もガスも安かったようで、それらを目一杯に上げて、半袖で冬を
過ごす人も多かったらしい、それで屋根の雪降ろしは熱に任せていたのでしょう。
ところが、近年はそんなことはとてもできない物価の高沸状態。
それでもガンとして雪降ろしをしないお宅、だがこれから降る雪は湿気を吸い込んで結構
重いから、どうなることやら?

そういう私は、アイルランド?辺りの考案らしい除雪道具の見せ付けるような宣伝を展開
して、楽な作業の見本を示そう、と思っている。
ちょっとした材料でいとも簡単にできるものです。
業者を呼んで雪降ろしをやってもらう人々も、それを見れば、きっと自ら働くことでしょう。
   こんなことを書く私も暇な、田舎の親父に違いない。

田舎の親父さんへ

そちらは大雪ですか。

秋田の今年の冬は雪が少なく
雪かきもほとんどしなくて済みましたし
役所も除雪費がかからず予算がかなり余ったことと思います。
まあ、建設関係の業者は
冬場は仕事が少ないこともあって
除雪に頼っていますから
稼ぎ損ないだったでしょうが・・・

どんなに今が寒くてもやがて春が来ますから
もう少しの辛抱ですね。

この大宇宙は太陽なるものを取り巻くように12の惑星が存在しているらしい。
どこもこのような構造らしいがそれを確かめる作業をこれから始めるか?
大体そんな資料が存在するのか、それも知らない。

分かっていることは、この地球はどうも若い惑星の部類らしい。
そうすると、他の多くの星から問題を起こした人種が送り込まれたり、人生の
修行の場とされトンでもない人種が集まっている可能性はある。

そうでなくとも、この酷い人種の塊を指導するようなことを進んで実施する
ような人達も大勢来ているらしい。
最近有名になっていて知ったオムネク・オネクさんは何でも金星から来て
過去にここで終えなかった仕事を精算するようなことで来ているらしい。

彼女の著書によると、金星は大昔に金融制度を捨て、お金は存在しない。
あの400℃もの高温の環境にどう生活しているのか?
また4時元か5次元の世界でいかに生活しているのか、詳細はどこにも
書いてない、歌手だった人達、イエス・キリストの生まれ変わりも金星に
いるらしい?

それらを追求するのも良いのだが、いつも終焉がない記事ばかりで、
それでは終わりが来ないから、大きく視野を変えて探索する手も検討中。
そこへ、昔話を研究している人の記事がどこかから出て来て、日本の
昔話の”浦島太郎”の物語は実際にあった話かも知れない、のだそうだ。
地中にそのような世界があったら、その可能性は大きいのだそうだ。
それは生半可な地中ではない、高度な世界のようで創造もつかない。

これではこんな話は実際に経験しなければ分からない。
経験してもその経緯が定かでなければやはり何も分からなくなってしまい、
やはり自分も送り込まれた人種の頭では突破口が開けない類なのか?
そのようだ、と考えて、これで筆を置きましょう。 田舎の親父

田舎の親父さんへ

なかなか事実を証明する術はありませんものね。
原理主義のクリスチャンは
この地球、そしてこの広大な宇宙は
わずか8000年前に神様が作ったものと
信じて疑いません。
恐竜と人類は共生していたと信じて疑わないのです。
私のように心が汚れ
疑い深い人間には信じられないことですけれど・・・

私はちっぽけな人間ですから
今を生きることで精いっぱいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2039653/59015818

この記事へのトラックバック一覧です: 高清水、酒蔵開放へ・・・そして歩く:

« ロウバイが咲く鱗勝院から鉄砲町を通って泉ハミングロードまで歩く | トップページ | 自分のこと、思うこと »