ツール

  • 【トレミー】人気ブログランキング
  • QLOOKアクセス解析
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキングに協力していただけるとありがたいです

« 竹半スポーツが移転して | トップページ | 新国道から八橋運動公園まで歩く »

2015年1月18日 (日)

雪の日曜日に思うこと

子供の大きくなるのは速いものですね。


おませさんだった子が

今は

はにかみ屋さんになって・・・



時々見える笑顔に

小さなころの面影が残ってはいますが


もう

すっかりお姉さんです。




Dsc_0065


小さなころは

鍵盤を叩くように弾いていたのに


指で歌うように

音を奏でられるようになって


うれしい反面、淋しさも・・・



Dsc_0068

今はもう

私を昔のあだ名で呼ぶ人は

いなくなって


あの時以来

世間体ばかりを気にする人が

とても

苦手になりました。


自分を守るために

邪険にされた過去がよみがえって

沸々と怖さが襲ってくるときがあるのです。



Dsc_0072_2

そんな時


人は人

自分は自分

世の中いろんな人がいるんだよ。

いろんな人がいていいんだよって

心の中で自分に言い聞かせて・・・


昔のブログタイトルの時のような

グダグダ記事でしたが

たまにはいいでしょ。


そういえば、

一月でこのブログも8年目です。



明日から前を向いて・・・

もう五年だけ・・・


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 竹半スポーツが移転して | トップページ | 新国道から八橋運動公園まで歩く »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ビルエバンスの「ワルツ フォ- デビー」 の歌詞ですよ。


彼女の甘くかわいい世界には人形とピエロ、そして王子様と大きな紫色のクマが住んでいる

そのおとぎの世界で暮らす私のお気に入りの娘は疲れ切った大人のしかめ面など知る由もない

太陽の下で彼女は音の鳴らぬ調べに舞い小さな頭の中で流れる金で紡がれた歌を歌う

けれどいつの日かすぐに彼女は成長し人形や王子さま、あの年老いたクマを手放してしまうだろう

彼女が去り行く時 ‘さようなら’ とつぶやく彼女の言葉に置き去りにされた人形たちは涙を流す

けれど 彼女の旅立ちに悲しむ人形たちを心配する私が誰よりも寂しくなるに違いない...

湊山さんへ

素敵な歌をありがとうございます。
そうですね。
昔のことを思い出して悲しむよりは
成長を喜んであげないといけませんね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2039653/58626774

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の日曜日に思うこと:

« 竹半スポーツが移転して | トップページ | 新国道から八橋運動公園まで歩く »