ツール

  • 【トレミー】人気ブログランキング
  • QLOOKアクセス解析
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキングに協力していただけるとありがたいです

« 思うこと | トップページ | 刈穂橋からなかいちまで歩く »

2015年1月 8日 (木)

通町から馬口労町まで歩く

週に一度のぜいたく・・・

いつものお店でランチをいただいてから

馬口労町まで歩いてきましたよ。



Dsc_0002

通町のひらのや書店


昔と違って

町の本屋さんって

ずいぶんと少なくなりましたよね。


若いころは

バス時間や待ち合わせまでの

ちょっとした時間に

寄ったものですけど・・・



今回は長い記事になりました。

今後の励みにもなりますので

左サイドバーか記事下にある

ランキングをクリックしていただけたら

うれしいです(#^.^#)



Dsc_0005

一丁目小路との交差点にある

「パールシティ秋田 大町」

以前は秋田シティホテルでした。


右に行くと

新国道、突き当りは市役所です。



Dsc_0008

竿燈(山王)大通りにある

老舗の料亭 志田屋


竿燈祭りのときは

二階の座敷が特等席となって

いつかここからと思ったものでしたけどね。




Dsc_0020


10年ほど前に

ランチをいただいたことがあります。



Dsc_0024

旭南方向へ歩いて


右は

秋田ピカデリー跡地

左は

すずらん通り



Dsc_0027


すずらん通りです。

まっすぐ行くと川反、三丁目橋。


昔、

右には魚屋さん、古本屋さん

左は、タバコ屋さん、美容院が

あったと思います。


今も残るのは

大判焼き屋さんだけになりました。



Dsc_0029

竿燈祭りの竹竿を一手に担う

上村竹材店



Dsc_0035

工事中だったこともあって

横町方向へ曲がって

れんが造りの花屋さん前を通り

半田葬儀社を右に曲がります。



Dsc_0040


高校一年生のころ通った

フォーク喫茶パールは、どこだったかなあ(^_^;)


吉田拓郎さんが

広島フォーク村を作って

それがやがて全国に広まり・・・


秋田にも

経大の軽音を中心としたフォーク村が

あったんですよね。

パールは

そのメンバーのたまり場のような喫茶店で

私も末席に加わらせていただいて

セントラルデパートで歌ったような(^_^;)


今思うと

人に聴いていただくほど

うまくはなかったですし

怖いもの知らずというか若気の至りでしたよ。



Dsc_0044

チェーンを巻いているとはいえ

ツルツルの雪道を平然と走る

郵便屋さんはすごい!!


秋田のジジババは

雪道でチャリンコに乗っちゃってますけどね。



Dsc_0046

馬口労町交差点にある

昔から変わらぬ板塀の家。



Dsc_0049

右は

秋田銀行馬口労町支店

左は

チョコロールが人気の博進堂


今回の街歩きはここでおしまい・・・

って

次回に続きます。が


昨日、

荒れ模様の中、二時間ほど歩きました(^_^;)



Dsc_0013

春には、

花がきれいな

外旭川市営住宅横の桜並木の

雪の華を

撮影しようと出かけたんですが


猛烈な地吹雪になって・・・

ブリザードの中を歩く羽目に(^_^;)



Dsc_0049_2

こんなお天気でも

私は案外、楽しいんですよ。


歩いているときが一番癒されてるというか

妄想の中にいるので・・・


一人で歩いているのですけど

そばにいてくれてる感じがするんですよね。




Dsc_0055


地吹雪を抜けてきた

EF510-501


調べましたところ

この車両は

以前は

上野~札幌間を結ぶ

寝台特別急行「北斗星」の牽引に使われた機関車とのことです。





Dsc_0062

帝石踏切から貨物駅


自然が描く鉛筆画の世界です。




人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 思うこと | トップページ | 刈穂橋からなかいちまで歩く »

街歩き」カテゴリの記事

コメント

今冬は雪が多く、大荒れの日も多く、そこで暮らしていない者が言うのは
よくないのかもしれませんが……私も雪の中を歩いたり、佇んだりするのが
好きです。幼い頃からのやさしい思い出が蘇り、雪の感触やにおいが、
ささくれだった心を癒してくれますし、寒くて冷たいのに、浄化される気が
します。亡き祖母は私の夫(東京育ち)への手紙に「雪の秋田を見にいらして」
とよく書いていました。人の気持ちというのは、時間差で理解できたり、
あとからじわじわと効いてくるものですね。
しむーさん、今回もすてきな空気感をありがとうございます。

しむーさん今晩わ
吹雪の中のEF510
カッコ良い!
しむーさんも吹雪の中お疲れ様でしたm(__)m

JINAさんへ

そうなんですよね。
真っ白な世界だからこそ
無になってその世界に浸れる・・・みたいな^^

人は様々な経験を経て
相手の気持ちがわかるようになったり
本当のやさしさや
思いやりを得られるのかもしれませんね。

とめさんへ

EF510は
まるで闘いを終えた戦士のようで
凛々し姿ですよね。

何を おっしゃいますか、 しむ~さんのクリスマスロードのブログを見て二人で
どんなにか 心穏やかな 時を過ごしたことか しむ~さん、どうぞ緩やかに
何時までも、いつまでも 微笑んで生きていて下さい、
老人を 泣かせないで・・・・・。
今日は これで、 不一 おやすみなさい。

しむーさん、こんにちは。
いつも素敵な秋田をありがとうございます。
私は、あたり一面積もった雪が、月の明かりに照らされている夜が大好きでした。そこにボーっと立っているととても神秘的で。
しむーさんのブログを知って、大好きな秋田の景色に触れられることが最近当たり前に思ってしまっていましたが、当たり前じゃないんですよね。
しむーさん、いつもありがとうございます。今年も楽しく拝見させていただきます。

龍ヶ崎さんへ

そうですね。
できるだけ微笑んでいたいなと思います。
一人の時は気持ち悪いでしょうから
ひかえますけれど・・・

ななろくさんへ

月明りが綺麗な冬の夜は
もう少し春が近づいてからかもしれません。
なにしろ
まともな晴れの日が全くありませんから・・・
そのうち
そんな夜に歩ければと思います。

今年もどうぞよろしくお願いします。

おはようございます☆
最後の画像 ほんとに鉛筆画みたいですねー(^^)
前にテレビで絵に見えるけど実は写真を撮った作品(実際の物や人に油絵のようなペイントをして撮影)で活躍されてるアーティストの方を拝見しましたが、それに近いギャップがありますね(^^)

秋田スギ子さんへ

自然の造形は
時として人間のイメージを超えるときがりますね。
その瞬間を画像に切り取ることができたようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2039653/58519029

この記事へのトラックバック一覧です: 通町から馬口労町まで歩く:

« 思うこと | トップページ | 刈穂橋からなかいちまで歩く »