ツール

  • 【トレミー】人気ブログランキング
  • QLOOKアクセス解析
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキングに協力していただけるとありがたいです

« 国文祭フィナーレイベントへ | トップページ | 落ち葉とモミジのコンチェルト »

2014年11月 4日 (火)

広小路にお祭り集結!

昨日に引き続き

広小路に

秋田県内各地の

重要無形文化財のお祭りが集結した

国文祭フィナーレ・イベントの模様を・・・


Dscn9032


フィナーレを迎えた

2014国民文化祭あきたですが


Dscn9002

なかいちや広小路は

県内各地のお祭りを見ようと

たくさんの見物客であふれかえりました。


Dscn9001

画像は

角館のお祭りの曳山です。


土崎の曳山まつりと同様

神明社のお祭りのせいもあるのでしょうか。


曳山の造りや武者人形などが

とても似ています。


ここで角館のやまぶっつけの動画を・・・





初めて見ましたが、迫力ありますね^^。


やまぶっつけは、

山同士がぶつかって

反り上がっていくイメージを持っていましたが・・・


今回は

おとなしめだったのかな。


Dscn9040

前回の記事では

手踊りの動画を貼りましたけれど


とっても

おきれいな踊り手の方々でした(#^.^#)

Dscn9035


今後機会があれば

角館のお祭りを

見に行きたいなと思っています。




ここからは

土崎の港曳山まつりの動画を4本。


強風のため

動画にノイズが入っています(^_^;)






















今後

広小路で港まつりの曳山や演芸が

見られる機会は

そうはないでしょうしね。


生きているうちに(笑

貴重なものを見させてもらったなと思います。


Dscn9012

こちらは

日本三大囃子のひとつ

花輪ばやしの踊りです。


右に

刈和野大綱引きで使われる

大綱が写っています。


Dscn9020


花輪ばやしの屋台です。

中に囃子方が乗っています。


屋台の下からも足が見えて・・・


土崎や角館の曳山とは

構造が全く違います。


Dscn9029


広小路に人があふれます。


Dscn9066

こちらは

刈和野の大綱引き


Dscn9076


刈和野出身のギバちゃんは

綱引きのスタートの合図をする

建元を務めます。


Dscn9084


男綱と女綱がつながれて・・・


ギバちゃんが

その結び目から飛び降りて

大綱引きが始まりました。


大綱引きの動画です。





ギバちゃんが飛び降りる姿を

撮影し損ねました(^_^;)


Dscn9093


小正月行事として行われる

刈和野の大綱引きでは

総勢約7000人で綱を引きあうそうですが


今回は

その十分の一、700人での大綱引き。


それでも

太い大綱が左右に動く姿は、

迫力がありました。


Dscn9101


大綱引きの後は

みんなで万歳ヽ(^。^)ノ


Dscn9108


こちらは

六郷のかまくら行事

竹うち


Dscn9112


南軍、北軍に分かれ

長い竹で打ち合います。


Dscn9120


ヘルメットをかぶり打ち合う姿ですが

私には

昔の安保闘争と

ダブって見えてしまうのです。


現代は

社会が安定し平和になりましたね。


最後に

前回も貼った角館のお祭りの動画を







お祭りの力ってすごいですね。


寒くて冷たい風が吹く

あいにくのお天気でしたし

朝方にトラブルがあって

にぎわい広場でのお祭りは

屋内に変更になってしまいましたけれど


それでもたくさんの人で

広小路がいっぱいになりましたし


こんなイベントが

一回限りで終わるのは惜しい気がしますね。


経費は掛かるでしょうけど

県内市町村持ち回りで毎年開催できたら

秋田県の活性化につながるように思います。

« 国文祭フィナーレイベントへ | トップページ | 落ち葉とモミジのコンチェルト »

秋田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2039653/57888836

この記事へのトラックバック一覧です: 広小路にお祭り集結!:

« 国文祭フィナーレイベントへ | トップページ | 落ち葉とモミジのコンチェルト »