ツール

  • 【トレミー】人気ブログランキング
  • QLOOKアクセス解析
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログランキングに協力していただけるとありがたいです

« 川反の橋にイルミネーションが光る | トップページ | 玉川温泉の紅葉 »

2014年10月 5日 (日)

今年二回目の地口絵どうろうまつりへ

 昨日は

国民文化祭の開会式に

皇太子様が出席されることもあって

朝からバタバタと

ヘリコプターが飛ぶ音がしていましたけれど・・・




Dscn6953


夜の鉄砲町を歩いていたら

やけに

警察官が多いので

お聞きしたところ


皇太子様がお帰りになるのだそうで

それではと

お見送りさせていただきました。


窓を開け笑顔で手を振りながら

皇太子様の車は走り去って行きましたが・・・

暗いこともあって

よく撮れておりませんでしたので

貼るのは控えます。




Dscn6970


国民文化祭の協賛企画なのですが


保戸野鉄砲町にある勝平神社の

地口絵どうろうまつりに

出かけてきましたよ。


Dscn6973


たくさんの地口行燈が・・・


地口とは

ことわざや成句などをもじって作った

語呂合わせの文句のことで


こちら

勝平神社の地口は

社会を風刺した絵や文句が特徴です。


Dscn6960

毎年

五月に行われている

地口絵どうろうまつりですが、


国文祭開催期間中も

地口行燈が吊るされています。


Dscn6963


デング熱の地口



Dscn6968


こんなのもありました。


差別用語と捉える方も

いらっしゃるようですし

私見は控えます。



Dscn6966


先場所の主役だった逸ノ城と

すぐにわかりました。


似てますよね(*^_^*)



Dscn6957


五月のお祭りのときは、

たくさんの方が

いらっしゃいましたけれどね(^_^;)


秋の夜長に

吊るされた地口を見て歩くのも

楽しいかもしれません。



過去記事ですが

左サイドバーにある

カテゴリーの文字をクリックすると月別表示されます。

よろしければ

その下にある

ランキングをクリックしてくださいね。

« 川反の橋にイルミネーションが光る | トップページ | 玉川温泉の紅葉 »

秋田」カテゴリの記事

コメント

昨夜 皆既月食を見ていました、・・・しむさんは 想い出を 噛みしめに 玉川温泉に行ったんですね  昔々 わたくしも 行きました。
わたくしの 行ったのは 初夏で その時 ぶなの森そよ風館に宿泊したのを 思い出しました。 
紅葉の写真 綺麗ですね。


しむーより   龍ヶ崎さんへ


いつもならカメラを持って
月食を撮影していたのでしょうけれど
昨日はグッタリしてました。

そうでしたか。
ぶなの森そよ風に・・・

そよ風と新玉川温泉ができて初めて行きましたが
宿の前にバス停があって
便利ですね。

って
新玉川温泉に宿泊している人は
20分ほど歩いて
玉川温泉に来ているとか・・・

紅葉目的なら
八幡平へ行けばよかったのでしょうけど
この景色の見納めでしたから
紅葉が見られてよかったです。

見納めでしたから・・・なぜ そこで区切りをつけてしまうのですか、自然の中に置いておきませんか、そっと 人知れず 抱きしめて 居られるのは しむーさんだけんなんでしょうから。
荒立てて するのではなく 秘して しかも さらりと 「同行二人」で 日を送るそれも宿命です。
秋田は もう ぐ~んと 寒さが 厳しいでしょう、ご自愛ください。
わたくしの お寺 が 白根病院の すぐ傍なのです。


しむーより    龍ヶ崎さんへ


私はあちらのご家族といろいろあって
最後のお別れができませんでしたし

いまだに亡くなったことを受け入れずにいます。

まだどこかで生きていると思えてならなくて
もしかして
ここに・・・
あそこに・・・
いるんじゃないかって
思い出の場所に行っては
捜してるんですけど・・・

見つけることができません。

希望を持って玉川温泉に行かれる方も
読むかもしれませんから
ブログ記事には書きませんでしたが

玉川温泉にいて万に一つの希望を持つより
家族との時間を選びましたので

ここには思い出があっても
大切な人の姿は探してもいないことを
私は知っていたのです。

やはり
私が思った通り
玉川温泉では見つけることができませんでした。

そんなわけで
今後
私自身のために
玉川温泉に行くことはないと思います。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2039653/57585763

この記事へのトラックバック一覧です: 今年二回目の地口絵どうろうまつりへ:

« 川反の橋にイルミネーションが光る | トップページ | 玉川温泉の紅葉 »