ツール

  • 【トレミー】人気ブログランキング
  • QLOOKアクセス解析
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキングに協力していただけるとありがたいです

« 2014年8月の記事一覧 | トップページ | 湯沢、絵どうろうまつりへ »

2014年8月 4日 (月)

秋田の夏、竿燈の夏

昨日3日

秋田の夜空に光の稲穂が輝く

竿燈まつりに出かけてきましたよ。


Dscn4044

今年は

3、4、5、6日すべての桟敷席が売り切れて

過去最高の270本の竿燈が

上がるようです。


Dscn3976

山王十字路からの撮影も

考えましたけれど

晴れたの日の夕空が撮影したくて

十字路バス停そばへ座りました。


竿燈も綺麗ですけど

夏空の夕景も綺麗なんですよね^^


Dscn3980

夜7時20分を回って

いよいよ

竿燈の入場が始まりました。

Dscn3985_2


黄昏に

入場する竿燈もまた

私の好きな風景です。


花輪に見えるものは、

竿燈を高く伸ばすために使われる

飾り付きの継ぎ竹です。


Dscn4028

竿燈は江戸時代から続く

月遅れの七夕行事ですが

本来は7日がメインのはずなのに

同時期に行われている

他県の夏祭りとの兼ね合いもあって

昔とは時期がずらされています。


あくまで

私見ですが

まつり本来の意義が失われているように

思えてならないのですよね。


まあ、旧暦では

今年の七夕は8月2日でしたけど・・・


Dscn4004

座った場所が悪かったようで

竿燈演技を撮影するのが

大変でした。


Dscn4006

私が子供の頃は、

女人禁制のお祭りでしたけど

私が中学生の時に

山王中学校の郷土芸能部の女子が

お囃子で初参加したことを

覚えています。


Dscn4045

赤海老が町紋の

下肴町(大町五丁目)


目の前にお囃子の車が止まって

竿燈の演技の撮影が難しくなってしまって・・・


ここで動画を一本。



あまりYou Tubeにはアップされない

太鼓の動画です。


Dscn4038

中央の小さな竿燈は

幼稚園や低学年の男の子たちが上げる

幼若です。

竿燈には

幼若、

それに
高学年や中学生たちが上げる

小若

それに大若の

三種類の竿燈があります。


Dscn4055

祭りも終わりに近づくと

継ぎ竹、継ぎ竹をして

かなりの高さになる竿燈も・・・


90度近くにしなったり

途中で折れたりする竿燈もあるのですが

それは

まつり最終日、6日にたくさん見られるはずです。


竿燈妙技会で一位になった

竿燈演技やお囃子を見られますし

一番見応えがあるのは、

最終日かもしれませんね。

« 2014年8月の記事一覧 | トップページ | 湯沢、絵どうろうまつりへ »

秋田」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

竿燈まつり、盛大ですね~!
270本の竿燈は見応えあるでしょうね。
豊作を祈願するという意味なんでしょうか?
生でみてみたいですね(^_^)

夕日がきれいだこと~~!
ピンク色!
映画のワンシーンのようですよ、(・∀・)イイ!


しむーより  とわさんへ

もう見慣れたとはいえ
夜空に輝く竿燈の灯火は綺麗ですね。
あまりに本数が多すぎて
窮屈そうでしたけれど・・・

仲良く二人で夕陽を見れたら
ロマンチックでしょうね。

こんにちは^^
今年は風邪で観にいけなかったのが残念。
来年は秋田にいるか分かりませんがまた観にいきたいものです(*^-^)


しむーより   秋田スギ子さんへ

あらあら(^_^;)
夏風邪をひかれましたか。

竿燈を見られず残念でした。

お名前がお名前ですから
秋田にずっといらっしゃるのかなと
思っておりましたが・・・

御主人の転勤があるのかもしれないのですね。


はい、転勤族です(ρ_;)
でも秋田には主人の実家があるので将来的には永住する予定でいます(o^-^o)


しむーより   秋田スギ子さんへ

そうでしたか。
それでは転勤しても
いずれ、秋田スギ子さんですね^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2039653/56990918

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田の夏、竿燈の夏:

« 2014年8月の記事一覧 | トップページ | 湯沢、絵どうろうまつりへ »