ツール

  • 【トレミー】人気ブログランキング
  • QLOOKアクセス解析
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキングに協力していただけるとありがたいです

« ぽつりぽつりと梅雨の空 | トップページ | 将軍野を歩く »

2014年6月13日 (金)

思うこと

誰にでもある大切な思い出。。。


それは


初恋の人の笑顔だったり、


懐かしいお店であったり・・・


他人にとっては


どうでもいいようなものが


自分にとっては

かけがえのないものなのですよね。


みんな思い出があって

今の自分がある。

今の自分は

いろいろな人と出会って

一人の人間として成長してきました。


全ての人にとって

思い出は、生きる支えです。

Dscn1257_2

それと同様に

人によって

それぞれに持っている価値観は、

違うのですよね。


人間なんて 私も含めて


大なり小なり

罪深い生き物だし


気が付かないところで

いろいろと

人を傷つけていたり・・・

Dscn1306

全ての人は

この世に生を受けたときから

平等なんですよね。


話す言葉や肌の色が違っても


生まれたときは

みんな泣くだけで話せない

赤ちゃんなのですから・・・



自分だけが正しくて

偉いわけじゃないのです。



自分たちの信じるものが正しくて


それを信じない人格を否定するから


戦争が起きてしまうんだよね。

Dscn1331




私は何度か

ある人から言われたことがあります。


あなたの考え方は間違っているってね。

そして

人格まで否定されました。

 

「人間は 自分は絶対に正しいと思い込んだ時に
最も残酷な事をする」     
                     司馬遼太郎

 

« ぽつりぽつりと梅雨の空 | トップページ | 将軍野を歩く »

心と体」カテゴリの記事

コメント

「人間は 自分は絶対に正しいと思い込んだ時に
最も残酷な事をする」・・・そうかもしてませんね。
原爆の事を悪いことをしたと認めない人が以前テレビに出ていましたが、謝罪することで自分の正義やプライドが崩れてしまうとかあるんでしょうかね。 
土崎空襲の話も日本人をここまでズタズタにする必要があったとは思えません。。。 でも過去の戦争を引きずってその国の人を見たら平和とはかけはなれてしまいますし。 難しいですよね。   

今、コメント入れたのですけど
よく見たら2013年・・
確かめもせず、すみません。。
よろしく~。

バラのお花が綺麗です。
前記事、、見せてもらいま~す。
では~。

秋田スギ子さん

個展が始まって
お忙しいところコメントありがとうございます。

互いを認め合うのが一番かも・・・

とわさんへ

ごめんなさいね。
過去記事をアップするとき間違ってしまいました。RSSを使っている方には迷惑をかけてしまいました(^_^;)

しむーさんのブログに出会えなければ、今の秋田(や土崎)の心象風景を自分の中に描けなかっただろうといつも思います。具体的にはわかりませんが、しむーさんのかかえる悲しさや傷の深さを感じながら、自分にとって都合のいい要素だけを切り取っていたら申し訳ありません。ただ、人間はそんなに強くなければ万能でもない。そこは共感しています。聖書と共に夏目漱石の『草枕』を思います。あなたを否定した方の真意はわかりませんが、私にはわかりませんし、しむーさんも少しずつ、そこから離れることができたらいいな、とは思います。

JINAさん

私の愚痴に付き合ってくださって
すいません(^_^;)
愚痴を言える相手がいないし、
ついブログに書いてしまいます。

いまだに憎しみを抱いて生きてる自分がものすごく嫌い。そんな思いは相手の人格を否定していることだし・・・

ただ
少しずつ傷は癒えてきていることを自覚はしています。
きっと
新しい出会いが過去を過去のものとしてくれるのだろうけど・・・

コメントありがとう^^

しむーさん、人は常に自分中心で、好き勝手なことを
無責任に放言しています。
そんなことを1つ1つ、覚えている必要はありません。

この地球は、太陽系で一番若い惑星のようで、従って、
太陽系の内外からも、質の良くない12もの人種が送り
混まれて言わば人種のゴミ捨て場だ、と口の悪い人は
書いています。

成程、日本の近隣諸国にも、正しくそれに該当する諸国が
あるようだ、と近年感じている多くの人々がいるでしょう。
そんなことよりも、どんどん新しいものを取込み、成長して、
好きなことで成長しましょう、と私は思う。 それは、、、

こちらでも貴方の最新の記事と同じ花が我家に咲いています。
今まで何の花だろう、春の多くの花に答えは見つけれなかった。
それが素早く簡単に”オオムラサキツユクサ”、と分かりました。
全く同じ形で非常に良く似た色の花を付けています。
こうして、私は貴方のブログで成長しています。
しむーさん、ありがとう、貴方はそういう御仁ですぞ。


田舎の親父さん

アメリカでも
オオムラサキツユクサが咲くのですね。

これからのことを思って生きるのが
きっと
こころにはよいのでしょうね。

私も前を見つめて生きていきたいのですけれど
それがなかなかできずにいます。
それを忘れさせてくれる
きっかけがあるとよいのですけれど・・・

しむーさん、普通のムラサキツユクサは放射能を
感じると、花の色がムラサキからピンクに変わる、
と読んだことがあるから、この大ムラサキツユクサ
も同じ傾向があるかも知れないですね。

更に調べると、そんな花の色どころの問題以上に
桜の花弁が4枚になり、更に3枚になってしまった
所があるそうで、これはどれほどの放射能漏れが
原因か、驚いてそれ以上先へ進んでいません。

この地球もその誕生期には真っ赤に燃える火の
惑星で高速で回転していたことでしょう。
従って、人間も、木も、草も無く、その後恐竜等が
どこからか送り込まれ、木も草もそして人間も
追い出されるように送り込まれたことでしょう。

勿論、日本人も、火星辺りから来たかも知れません。
そして、人生が終わればここへ着ていた衣を脱ぎ捨てて、
すーっと、行きたいところや行かねばならないところへ
飛んで行き、その先はどうなるのか?

この宇宙はどうなのか、霊の飛んで行く先はどうなって?
等々知りたいことは山ほどあり、何とかその調査を、と
探しています。 重要です、我々のこの先どうなるのか?
私は、17年もの昔に逝去した父親の声を頭の中で聞き
ました。 1度だけそういうことが現実に起きたのです。

田舎の親父さんへ

放射能で花の色が変わるのですか。
まるで
リトマス試験紙ですね。

地球や宇宙は
8000年前にできたと信じている人たちが
アメリカには多いようです。

しむーさん、地球での仕事や係わり合いは終わりにして、
衣を脱いで出ないと、また地球へ戻って来て終わりに
しなければならないことになる可能性があります。
神は我々を見ています、、、
それらを今世で終わりにして、次の目標の他の
惑星なり、高度の世界へ進むべきでしょう。

19世紀に面白い医師がいて、多くの人の臨終で、
体重の変化を測り、赤子が7g程度、大人で約21g
の体重減量があり、それは出た魂の重さでしょう。
頭の中心部分に常駐しているそうな、宜保さんは
肩の辺りから出て行く、と言っていた。

全ての惑星は、その生い立ちから高温の塊で高速
回転をしている、それで中身は殆ど空洞だそうな。
そこに住んでいる人間がいるとは、信じられますか?
こんなことは、例え嘘にしても私は考え出せない。
さて、次の試作の仕事を秋までに完成させるので
いよいよ忙しくなります。

田舎の親父さん

私は神の存在を信じなくなった
無神論者です。
スティーヴン・ホーキング博士の言うように
天国や神は存在しないと思っています。

私は今の地にいなければいけません。
彼女の思いを置いて
自分だけ楽をすることはできないのです。
負けず嫌いの彼女の性格を、
生きたくても生きられなかった悔しさを
私は知っているからです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぽつりぽつりと梅雨の空 | トップページ | 将軍野を歩く »