ツール

  • 【トレミー】人気ブログランキング
  • QLOOKアクセス解析
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキングに協力していただけるとありがたいです

« わが街で紅葉狩り | トップページ | 抱返り渓谷と角館武家屋敷の秋(後編) »

2013年11月 2日 (土)

抱返り渓谷と角館武家屋敷の秋(前編)


画像

昨日11月1日、
仙北市にある紅葉の名所、
抱返り渓谷と角館の武家屋敷に
行ってきました。


今回は
画像がたくさんなので

記事は

抱返り渓谷と武家屋敷の紅葉の
二回に分けて( ^ω^)・・・

抱返り渓谷の魅力といえば
画像

この白い岩と
まるで
水彩絵の具を溶かしたように
水色に流れる川、
画像

そして
この対岸に見える紅葉の素晴らしさです。
画像

抱返り渓谷の遊歩道入口にある

大正15年に作られた
秋田で一番古い吊り橋

神の岩橋です。
画像

こちらの吊り橋は、誓願橋。

連休前の金曜日なので

そんなに人はいませんでしたが

角館からの無料のシャトルバスは、
満員でした。
画像

以前、
休日にここを訪れた時は、

道路は大渋滞で

角館から乗ったシャトルバスを

途中で降りて

10分ほど歩いたことがありました。
画像

ここは大絶壁でした。

私は
高所恐怖症なのですが

周りの景色の素晴らしさに
圧倒されたのと

カメラを持っていたので

その恐怖感は
いくらか和らいだようです。
画像

それでも

足がすくんでしまうほどの
高さでした。
画像

遊歩道の入口から30分、
1.5キロほど歩いたところにある

回顧(みかえり)の滝です。
画像

滝上部です。
画像

こちらは
滝をまたぐように架けられた橋の逆側、

本流に注ぎ込む
滝の下部です。
画像

滝を上から見られるのは

珍しいかもしれませんね。
画像

昭和10年、
崖から落ちた妹を助けようとして
自ら崖下に飛び込み
命を落としてしまった
飯村少年のために建てられた

殉難の碑です。
画像

本来、
遊歩道は、夏瀬温泉がある
神代ダムまで

ここからまだまだ8キロほども
続くのですが

崖崩れのため

残念ながら先へは行けません。

って

この通行止めは
何年も前からですけれど(^_^;)

観光客の安全と
遊歩道の維持管理が

難しいからかもしれません。
画像

小さな滝のそばに
トロッコの軌道のようなものが
残っていました。

調べてみると

ここには
昭和38年までは
生保内森林軌道があって

現在の遊歩道は
その軌道跡を利用したものなのだとか。。。

画像


抱返り渓谷の紅葉ですが

色付き終わっていないようで
画像

入口付近は

緑色の葉が目立ちますし
画像

まだしばらくは

ここの紅葉を

楽しめそうですよ。
画像

できれば

晴れの日に行かれると

一層綺麗と思います。
画像

仙北市抱返り渓谷へは

角館から

田沢湖芸術村が運行する
無料のシャトルバスが出ています。
画像

武家屋敷通りと
角館駅から乗車できますが

詳しくは角館観光協会のHPを・・・
http://kakunodate-kanko.jp/events/2013/004757.html
画像


次回は

角館の武家屋敷通りの紅葉を
紹介しますね。( ^ω^)

« わが街で紅葉狩り | トップページ | 抱返り渓谷と角館武家屋敷の秋(後編) »

秋田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2039653/56638216

この記事へのトラックバック一覧です: 抱返り渓谷と角館武家屋敷の秋(前編):

« わが街で紅葉狩り | トップページ | 抱返り渓谷と角館武家屋敷の秋(後編) »